Sponsored link

ADHDと間違えやすい自閉症

ADHDと自閉症は類似した点が多いとされています。

自閉症も脳の機能障害が原因で引き起こされる病気で、
ADHDと複数の共通点が存在します。

多動や衝動性、友人関係が構築しにくいなど、自閉症の症状には
ADHDと同様の、あるいは近似したものがいくつもあるようです。

自閉症にはアスペルガー症候群(高機能自閉症)、サヴァン症候群
などがあり、いずれもADHDと誤診しやすい疾患として知られます。

これらとの違いは、自己中心的な振る舞いが目立つ、
好きなことに対してのこだわりが強い、
他者とのコミュニケーションが苦手である、
などの特徴が目立つ点です。

ADHDである場合、相手の気持ちを汲み取ることが可能
なのですが、自閉症、とりわけアスペルガー症候群だとこの部分が
欠如しており、他者のことなどお構い無しの行動をしがちです。

さらに、自分の好きな行動様式を定めてその通りにいかないと、
パニック症状を起こす、また、対象に対して興味を持つ範囲が
非常に狭く、そのことに関しては強いこだわりを持つところも
ADHDとは異なります。

多動に関しても、ADHDでは時・場所に関係なく動きますが、
自閉症では自分が何をしたらいいのかわからない状況に陥ると
落ち着きを失い、アスペルガーでは状況が飲みこめない時に
動き回ってしまうとされます。

このようにそれぞれに微妙な差異が存在するために、
専門家でも診断を下すのがとても難しいようです。

また、ADHDである場合、自閉症を併発することもあり、
ますます判断が困難になります。

各疾患の症状1つをとっても区別するのは難しく、
きちんと子どもの行動を理解するには日々勉強を重ね、
いくつもの症例を知ることが必要といえます。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。