Sponsored link

ADHDと似た症状を持つうつ病

ADHDとうつ病はよく混同されることがあるようです。

この2つの病気は症状が似ている点が多いことが
間違われてやすい原因です。

うつ病は最近増加傾向にあることが問題視されており、
社会的にも予防の必要性が叫ばれています。

ADHDでは多動などの症状から上手く物事が
こなせないことで悩み、そこからうつ病へと発展してしまう
ことがあるのです。

ADHDとうつ病については、併発することで治療においても
多くの注意点があるとされています。

子どものADHDでは、人生経験が乏しかったり、
症状があってもそれが当然のことと捉えてしまって、
症状が見られることにまったく疑問や不安を抱かない
場合が多くあります。

しかし、大人のADHDの患者の中には、問題行動があることを
はっきり自覚している人は少なくありません。

きちんと治療を行い、社会性が徐々に身に付くにつれて、
症状を自らの力で改善していくための努力をしようと
するのですが、ADHDではそう上手くいくものではありません。

なかなか思うような結果が出せないことから自分の努力が
報われないと感じてしまい、精神的に不安定な状態にも陥りがちです。

このような状態が長期間継続すると、食欲不振や不眠症、
頭痛などの身体症状がみられはじめ、どんどん意欲が薄れて
気分が落ち込んだり、自信が持てなくなるなどのうつの症状が
現れてくるのです。

ADHDだけでなくうつ病まで併発してしまうと治療を行うにも
一層の注意が必要となりますし、何よりも患者本人にとっては
とても精神的に辛いことです。

しかし、適切な治療を続けていけばうつ病は治ります。
ADHDも症状の改善は十分に可能です。

医師と相談しながら地道に治療に取り組んでいけば、
解決の道が必ず見つかるでしょう。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。