Sponsored link

ADHDの主な治療法

それでは、ADHDの治療には主にどのような方法があるのでしょうか。

現在、一番治療に効果があるとされているのは薬物治療です。

薬物を使って多動や衝動的な行動を出にくくするもので、
対処療法しかないので完治することはあまり望めませんが、
ADHDの子どもが落ち着いて授業を受けることができたり、
集中力が高まるといった効果は期待できます。

このときに使用される薬物は中枢神経興奮薬というものです。

商品名はストラテラやリタリンコンサータなどがあり、
ADHDの症状の程度や患者の年齢などによって使い分けられています。

薬を使わずにADHDを治療する方法も存在します。

これは心理療法といわれるもので、有名なところでは、
トークンエコノミーという治療法がよく知られています。

正しいことが出来たら、その行動に対して評価ポイントを与えます。

ポイントがたまるとご褒美をあげるなど、ADHD患者の
問題行動を改善していく方法で、意欲を高めるなどの効果もあります。

また、社会性が欠けているのがADHDの子どもたちの大きな
特徴であるため、ソーシャルスキルトレーニングを行うことで
社会性を育み、友人関係を上手に構築できるように指導することで
症状を軽減していくやり方や、叱られる、忘れ物をよくする
といった、過去のミスからの不安を取り除いていく治療法もあります。

加えて、生活する環境を大きく一変して他に注意を向けさせずに
集中出来るようにする方法あって、環境変容法と呼ばれます。

ADHDの治療には、薬物治療とそれ以外の治療法を
子どもの症状に合わせて組み合わせるのが有効なのです。

どの方法を選択すればよいのかは、
医師とよく相談した上で決定していくことになります。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。