Sponsored link

ADHDに対する薬物治療

ADHDの治療でおこなわれる薬物治療は、症状を抑制して
行動をコントロールしやすくなるという点で非常に有効な
方法とされています。

治療を開始するまではじっと出来ずに、学校の授業も着席
していることが困難だった子どもでも、投薬を開始してからは
落ち着きが見られ、静かに勉強に集中出来るようになったという
体験談はよく聞かれます。

また、薬を服用することで多動がおさまったり、
集中力が増したという効果が出ることもあるようです。

ADHDに対する薬物治療では、鎮静効果のあるリタリンや
コンサータ、ストラテラなどが使用されます。

以前の主流は塩酸メチルフェニデートのリタリンでしたが、
不正使用が社会的に問題だと話題になったこともあり、
現在は処方することができる病院が制限されており、
実質的には使用禁止の状態になっています。

この現状を受けて、現在ではADHDの治療薬として
メチルフェニデートの徐放剤であるコンサータが一般的に
なってきています。

なお、コンサータは小児向けの治療薬で、大人のADHD患者
には使用不可能とされています。

リタリンも18歳未満のADHD患者に用いられる薬です。

ストラテラもADHDの子どもに使われます。
この薬はアトモキセチン塩酸塩製剤で、ノルアドレナリンが
再度取り込まれるのを阻害して問題行動が現れないように
するものです。

また、ADHDの治療薬を服用するには厳格な審査が必要になります。

加えて、食欲不振や頭痛、不眠といった薬の副作用の問題も
存在するために、正しく服用するように十分に注意するなど、
投薬治療には慎重な姿勢と周囲の人の手助けが重要となるのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。