Sponsored link

リタリンなどのADHD治療薬の副作用

ADHDを完治する方法は残念ながらまだ確立されていませんが、
薬物治療によって高い効果が得られるとされています。

薬を飲用することで問題行動が抑制されるために、
薬を飲みながら心理療法なども並行して行い、
多動や衝動性などを徐々に改善していくのが良いとされています。

しかし、薬物療法には十分な注意が必要です。
なぜならそれぞれの薬にはもちろん副作用があるからです。

ADHDの治療薬を決めていく場合、専門医の診察と
詳しい検査を受け、患者の体に負担が大きくないか、
ADHDの症状が本当に抑制されているかどうかを
慎重に見極めながら選んでいきます。

特に副作用に関してはくれぐれも注意が必要とされています。

ADHDの治療薬として以前から最もメジャーなのがリタリンです。

一般的な副作用としては、食欲低下や不眠、目のかすみや口の渇き
などがあり、過剰な服用をすると肝機能に障害も起こります。

また、リタリンには依存性があるとされます。

以前に取り沙汰されたように、不正使用の問題もあって、
現在のADHDの治療薬はコンサータへと移行しています。

コンサータ服用による副作用には不眠や頭痛などがあり、
しかもかなりの確率で発生しやすいことが明らかになっています。

また、重篤な副作用も存在し、脳梗塞や狭心症等の
脳血管障害を引き起こす可能性もあり、服用する場合は経過を
見守り、異常が発生したら直ちに医師に相談することが重要です。

トフラニールやベタナミンなどもありますが、リタリンと同様の
副作用があるとされているので同じく服用には注意が必要です。

ADHDの治療薬に中には依存性や中毒性を持っているものが
あります。
副作用も大きいことから、医師の指示に従って正しく
服用することが大切です。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。