Sponsored link

行動療法、認知行動療法、コーチングなどのADHDに対する心理療法

ADHDでは、薬物療法だけでなく、心理面から治療を行う
方法も存在します。

不注意、多動性や衝動性などのADHDに特徴的な症状は、
薬物治療によって症状の発生をある程度抑制可能ですが、
完治は難しいとされています。

ADHDの子どもに足りていない社会性などを補い、
人間的な成長を促していくには、心理療法と呼ばれる
心理面からの治療が必要なのです。

心理療法には、主なものとして行動療法、認知行動療法、
コーチングなどが存在します。

行動療法は、ADHDの子ども対し、やってよいことと
悪いことの分別を教えます。

トークンエコノミーと呼ばれる方法で物事の善悪を教えたり、
指導して少しずつ症状を改善させていくことを目指します。

また、ADHDの症状によっては感情的になったり、
不安感を強く抱いて意欲的になれないという場合があります。

不注意などが原因で何度も叱られていると自分への評価が
低くなることもあり、将来に不安を感じる場合もあるでしょう。

心理治療ではそういったメンタル面のケアも行います。

ADHDでは社会性に欠ける方がとても多いと
されているために、社会性を養い、対人関係も円滑に
築けることができるようにSSTと略される
ソーシャルスキルトレーニングがあります。

社会的な行動の基本からしっかりと指導を受け、
ゲームなどを通じて無理なくスキルアップが出来る方法です。

どれもADHD患者が安心して日常生活を送ることが
可能になるように、定期的に診察を受けながら、
薬物療法を上手く組み合わせて治療が行われます。

患者の様子を見ながら最も適した方法を組み併せて
治療を進めることが重要なのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。