Sponsored link

ADHDに効果的な食事療法

ADHDの治療法に普段の食事を改善することで
症状の改善に取り組もうとするものがあります。

ADHDの原因は脳の機能不全や神経伝達物質が上手く
やり取り出来ていないこと、環境、遺伝子の影響などが
挙げられますが、普段の食生活が発症に関わっているのでは
ないかとの意見が存在するのです。

そこで食事面から治療していこうとする方法が考案されました。

不注意や多動といった症状が現れるのは砂糖や食品添加物の
過剰摂取が原因であるという説から、食事ではできるだけ
砂糖を減らし、食品添加物の含まれない食事を摂取することを
心掛けるという治療法です。

砂糖がなぜ、ADHDの症状をもたらすのかというと、
砂糖が体内で代謝するときにはビタミンやミネラルを
使うのですが、大量の砂糖を摂取すると普通なら体の調子を
整えるために必要な量のビタミンやミネラルまで不足して
しまい、結果としてイライラなどの症状が出やすくなるとされるのです。

したがって、食事療法では、出来るだけ砂糖を
用いないようにします。

また、食品添加物については、イギリス政府が
一部の食品添加物にはADHDを引き起こす原因と
なっているものが存在するとの研究発表も行っています。

食事とADHDの関係については明らかな影響があるとは
まだ証明されていないものの、食品添加物の多い加工食品や
お菓子などの食べ過ぎるは、栄養が偏りがちになるので
避けたほうがよいですね。

食事療法は、栄養バランスのよい食事が理想的で、
その中でも和食はおすすめとされています。

ADHDの症状改善のために、日本人として和食中心の
食生活を心掛け、砂糖や食品添加物の少ないヘルシーな
食事を食べるようにしましょう。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。