Sponsored link

環境を改善するADHDの環境変容法

ADHDの子どもの症状が現れにくい環境を整備して、
改善していく手助けとなる治療方法が存在します。

これは環境変容法と呼ばれるもので、周囲からの過剰な刺激を
少なくしていく方法です。

ADHDの場合、例えば授業中に窓の外に見える木や鳥、
あるいは校庭にいる他の児童や先生の姿を見ると、
ついそれらに興味を引かれ、今自分が授業を受けているという
ことを忘れてそれを見に行ってしまったり、
しゃべりすぎてしまう子どもなら、何度注意しても
話すのをやめないなどの症状が出ます。

これらを改善するために、普段の環境を変えていくのです。
授業中は黒板から近い位置に机を置きます。
強制的に子どもの視線をコントロールするわけです。

そうすることで視線を前に集中させて
窓などを気にしなくさせるのです。

また、教師から目が届きやすい位置にすると、
「授業をしっかり受けよう」という気持ちも生まれ、
ADHDの症状が出ないように自制もしやすいといわれます。

また、目に付くところに
「おしゃべりをしない。前を見ましょう」
といった標語を張っておくことも効果的です。

家庭での環境変容法のおこない方は、いかに注意散漫にさせず
勉強させたり、しつけを身に付けさせるかです。

学校とは異なり、身近におもちゃや本、テレビなどの
興味を持ちやすいものがありますので、勉強する時には
おもちゃを見えない場所に隠したり、カーテンや布で
見えなくするといった工夫をするとよいようです。

ただし、あまりに周囲からの刺激が少ないと、
逆にADHDの多動性が引き起こされる場合もあるようで、
環境変容法は症状が出ていないかを常によく観察しながら
取り入れていくことが重要です。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。