Sponsored link

ADHDをセルフコントロ−ルするために

ADHDの子どもは自制がきかないことが多く、
じっとしていることが困難です。

また、こうしたいと思っていても障害のせいで
自分の思うように行動が取れないことも多くあります。

その場に適した行動は、普通の子どもであるならば、
成長段階においてさまざまな経験を重ねることで
身に付いていくのですが、ADHDでは行動に抑制力が
活かせずに問題行動を起こしてしまうのです。

そこで、自分の行動をきちんと律することが出来るような
治療が施す方法があります。

これはセルフコントロ−ルと呼ばれ、
行動する能力、つまり「実行機能」を高めて自分の行動を
コントロールしていく力を身に付けさせる治療法です。

この方法では、まずはじめに、睡眠や食事など
の生活リズムを安定させることから始めます。

ついで、数をゆっくりと数えさせて動作を止めることを
繰り返し行い、じっとすることが出来る時間を徐々に
増やしていきます。

課題にも取り組ませて、ADHDの症状が出ることの
ないように集中出来るように誘導します。

また、ADHDの子どもには、好きなことに対して非常に強い
こだわりを持つケースがあるようです。
こだわりも程度が過ぎると固執に繋がり、トラブルの元に
なってしまう場合が多いので、こだわりなく物事に
取り組めるようにも改善します。

さらに、自分を中心に考えてしまい、順番などのルールが
遵守できないのがADHDの特徴でもありますから、
他者への思いやりが持てるような指導も行われ、
社会性を構築する手助けもしていくようです。

セルフコントロ−ルは自らの感情についても自制が
できるようにし、いろいろな状況の中でも症状の発生を
抑えられるようにしていく治療方法です。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。