Sponsored link

ADHDにおける男女差と発症確率

それではADHDの発症には性別は関係するのでしょうか。

男女ではそれぞれ罹りやすい病気があることが明らかになっています。

子宮がんや乳がん、前立腺がんのように、男女で明らかに
異なる器官に発生する病気も存在しますが、脳の機能不全が
原因とされるADHDでは一体どうなのでしょうか。

ある研究によると、ADHDを発症する確率はすべての子供の
内、約3〜5%とされています。
さらにその男女差はというと、男対女が4対1の比率とされ、
男の子がより多く発症しているようです。

これは男女において脳の仕組みや働き方が違う、
脳の男女差による部分が大きいのではないかと言われています。

また、ADHDの症状にも違いが見られます。
男の子では多動性の症状がより出やすく、女の子では
不注意の症状が目立つ傾向にあるといわれています。

ただし女の子の場合、多動があまり目立たない
不注意型の症状が多いようです。

発見しやすい多動や衝動性よりも発見が遅れることで、
ADHDに罹っていることがわかりづらい場合もあります。

突然友達を叩いてしまうような衝動性や、攻撃的な行動、
あるいは反抗的な態度も、男の子に比べると女の子は比較的
現れることが少ないと言われるのも、気付くことができない
要因になっていると考える研究者もいます。

そのために、4対1の男女差があるとは言われているものの、
実際の差はもっと小さいのではとする意見も存在するようです。

ADHDであることが判明するのは男の子の場合で8歳前後、
女の子の場合だと12歳前後が多いとされていて、
発症していることが明らかになる時期にも男女差があるようですね。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。