Sponsored link

大人のためのADHDセルフチェックシート

大人のADHDでは、子どもと若干症状が異なってくるようです。

もしかしてADHDではないかと思っている方は、
自分でチェックしてみましょう。

普段の生活の中でよく見られる状況を挙げてありますので、
該当する項目がないか日頃の生活を振り返ってみませんか。

1、部屋の片づけが苦手だ。
2、予定が差し迫っているのに、違うことに気を取られて必要な作業が出来ない。
3、食事の献立が思い出せない。
4、会議中にボーとしてしまう。
5、スケジュールを守れずに遅刻したりする。
6、教えられたことを忘れてしまう。
7、仕事で同じミスを繰り返す。
8、作業中に無駄に足をぶらぶらさせてしまう。
9、仕事中、机におらず会社内をうろつく。
10、一人でしゃべっていることがある。
11、しゃべるのが苦手で、話をしたいのにどう話せばよいのか分からない。
12、協調性がなく一緒に仕事しにくいと言われた。

これらに心当たりはありませんか。
複数当てはまるようなら、ADHDである可能性があります。

また、子どもの頃にADHDだと診断されている場合、
治療もして症状はある程度緩和されていることも
あるようですが、そうでない場合は問題のある性格だと
自分で自分を追い込んでしまうケースが少なくありません。

何をしても失敗ばかりだと悩んでしまうようです。
ADHDであるかは病院での診察を受けなければ判明しない
場合も多いため、早めの検査を受けておくことが望まれます。

障害があることが明らかになると、これまでの失敗の原因が
分かり、かえって前向きに障害と向き合え、治療に
取り組める方もいるのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。