Sponsored link

ADHDに対して親子で取り組む

わが子がADHDであると診断された場合、親として
ADHDについてしっかりと学び、子どもの治療に役立つ
知識を知っておくことが大切であることは言うまでもありません。

ADHDの子どもの多くは、障害を抱えて生きていくことに
大きな不安を抱えています。

なぜ自分は他の子よりも怒られる回数が多いのだろう、
友達と仲良く出来ないのはどうしてなのだろうと、
自分を責めてしまう子どももいます。

そんな場面で、親は症状改善の手助けが出来るよう、
ADHDについて正しく理解しておきたいですね。

また、親にとってもADHDへの理解を深めることは重要です。
きちんと理解していないことで、適切な対応がとれず、
子どもに辛い思いをさせてしまうことや、
適切な治療を受ける機会を逃すようなことがあっては
症状改善にまで進めません。

ADHDの症状ではパニック起こしてしまうことがありますが、
その際に感情的に叱りつけたりすると一層逆効果になってしまう
場合があるので、冷静な対処が重要であることを理解する
必要があります。

また、ADHDの子どもは劣等感を抱いていることが多く、
自尊心も低くなってしまう場合もあって、よい点を
伸ばしていく適切な指導法を知っておくことは
忘れてはならない重要なポイントでしょう。

日常生活も、本人がこなせることから少しづつ行うことを
増やしていくと、規則正しい生活習慣も段々と身についていきます。

家庭でのサポートは社会習慣を身に付けさせる基本となるのです。
家族もADHDと向き合うことで、自制した行動を行えるための
サポートをし、自制した行動を行えるように働きかけましょう。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。