Sponsored link

ADHDに対する学校現場での対応

ADHDは、病院や家庭での指導はもちろん、
教育の場における指導が重要なのは言うまでもありません。

親と教師が密に連絡を取り合い連携することが重要で、
改善にはそれぞれの子どもの症状に併せた対応が
必要になってきます。

ADHDの子どもは授業中に問題行動を起こしてしまうことが
あり、問題行動を起こさないためには周囲のサポートが
なけらばならないとされます。

学習の遅れがある場合も多いために、一般の小中学校でも
障害児のための特別学級が設けられている学校も増えています。

ADHDでは通常の授業の中で多動などに教師が対応しきれず、
他の子どもの学習を妨げる結果になってしまう場合もあります。

また、子どもの学習能力にも大きく個人差があり、
好きな科目では熱心に取り組むかと思えば、そうでない場合は
他の興味があることに気を取られて集中力が欠如してしまいます。

さらに、物事を順序立てて考えられない特徴もあることから、
指導内容を工夫して取り組ませることも重要でしょう。

日本では、発達障害者支援法によってADHDの子どもの
サポートを行えるようになりました。

更には支援補助教師を付けることで、ADHDの子どもが
理解不足だと思われる学習について個別指導も行うことが可能です。

ADHDへの理解が不十分では、もしもパニックを起こしたり、
衝動的に暴れるといった場面に遭遇した場合、ふさわしい対応が
とれない場合があります。

最近では学校での対応も徐々に変化しており、ADHDの
子どもが安心して学習を進められるような環境整備が
図られています。

整備された教育環境の中で授業を受けられることは、
障害を持つ親にとっても非常に安心できるものになるのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。