Sponsored link

ADHDに対する様々な支援

ADHDを治療していく過程では、薬物治療などの方法の
他にも精神面での治療が有効です。

しかし、ADHDについてきちんと理解し、正しい方法で
対応するには、専門家の協力無しでは困難なのが事実です。

生活習慣といったごく基本的な部分からの指導も
重視されますし、未だその原因も完治させる方法も
確立していないために、家庭内だけでの対応では不十分といえます。

そこで、ADHD患者への福祉の充実がより必要なのでは
ないかとの声が高まりました。
2005年には厚生労働省によって発達障害者支援法が成立して、
ADHDは公的な支援が受けられるようになったのです。

ADHDは、子ども時代や家庭での教育が悪いからだと
言われてきた苦い歴史があります。

それが1900年代に入るにつれて遺伝的な理由や神経系の損傷が
原因ではないかとの推察が初めてされるようになり、
1960年代になって初めて機能不全が理由であるということが
判明しました。

以後は研究が進み、2000年のサリ・ソルデン著
『片づけられない女たち』が和訳されると大人のADHDに
ついても非常にポピュラーになり始めるようになり、
発達障害支援法の成立をみます。

この支援法は、ADHDだけでなく自閉症や、学習障害などの
患者に対して自立を助け、援助を行う内容になっています。

施行に関しても、ADHDの子どもの早期発見の支援や、
医療機関・福祉機関・教育機関などで連携を取ることが
国全体で取り組まれています。

ADHDのNPO法人、相談センター、支援機関なども
全国的に増加傾向にあります。
ADHDの子どもを持つ家庭を対象とした家族会なども
地域ごとにあるようですから、相談したり参加してみるのも
良いでしょう。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。