Sponsored link

ADHDの有名人・芸能人

大人のADHD患者の中には、障害によってさまざまな症状が
出るのですが、障害の程度によっては普通の人となんら
変わらないこともあります。

逆に普通の方よりも高い能力を示すこともあるようです。
実は過去にも現在にも、有名人の中にはADHDではないかと
される方が数多くいるのです。

発明王として知られるエジソンは劣等生だったのですが、
成長した以後は歴史に名を残す発明をいくつも発表しています。
子ども時代のエジソンは、授業中に何度も教師に質問をしては、
教師を困らせる生徒だったようです。

絵だけではなく、医学・建築・天文学などの分野においても
天才的な才能を持っていたあのレオナルド・ダ・ヴィンチも、
ADHDであったとされます。

ADHDの症状にはさまざまなものがありますが、
好きなものは寝食忘れて取り組んだり、
一般人とはまったく違う発想力があるのもその一部。

ダ・ヴィンチが巨匠と呼ばれるに至ったのも、
ADHDであったからだとする研究結果が数多くあります。

さらには、アインシュタインもそうであったと言われます。
かの相対性理論で有名ですが、5歳になっても言葉を話すのが
苦手で、大人になっても誤字・脱字が多かったとの話が
後世に伝えられています。

現代のADHDとされる有名人では、俳優のトム・クルーズ、
歌手のパリス・ヒルトン、スポーツ選手ではバスケットボールの
マイケル・ジョーダンや水泳選手のマイケル・フェルプス、
政治家の元アメリカ大統領ビル・クリントン、
日本では黒柳徹子さんなどがそうだと言われ、
過去に偉人と呼ばれた人もたくさんいるようです。

ADHDの有名人は思っている以上に多いことに
驚かされるとともに、マイナスイメージばかりではなく、
社会に名を残すほど活躍する人も多いのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。