Sponsored link

ADHDの原因・基礎知識カテゴリの記事一覧

ADHDってどんな病気?

ADHDという言葉を耳にしたことはあるけれど、
具体的には一体どういうものなのか。

そんな印象を抱いている方も少なからずいると思います。

最近、子どもに関するさまざまな問題の中で数多く登場する、
近年注目を増しているキーワードとなっていると言えるでしょう。

ADHDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの
頭文字を取ったもので、日本語では「注意欠陥・多動性障害」と
訳されます。

特徴的な症状として、

・落ち着きがなくてひとつのことに集中できない
・忘れ物をよくしてしまう
・思ったままの行動を突然する

などが挙げられます。
教室内においては授業中にもかかわらず、突発的な行動を
起こしがちです。

ADHDであるということを知らなければ、自己中心的な
行動をしている利己的な子どもに見えるでしょう。

いわゆる問題行動を起こす子どもは、このADHDに
罹っているのではないかとされ、テレビや関係雑誌などでは
執拗に取り上げられる場合も存在します。

子どもは元気が一番とは言うものの、年齢を重ねるにしたがって、
突発的な行動が目に付くようになり、他のクラスメイトと
馴染むことができなかったり、成長に遅れが生じることで、
ADHDではないかと初めて気が付くケースが多いとされています。

その原因は、脳の一部が機能不全であることとされています。

脳の病気というと、生命に関わる重大な疾患なのではないかと
心配になるかもしれませんが、最近ではADHDの研究も進み、
薬物治療や行動療法という社会性を身につける治療法などを
行うことで一定の改善が期待できるようです。

しかし、ADHDに対する情報の不足や偏見もないとは言えず、
その治療には病気に対する理解を深めていくことが最も重要です。

一体どのような原因で、どのような特徴・症状があり、
その診断法や治療法についても知っておくことが、
ADHDの子どもと向き合うための第一段階となります。

まずはADHDを正しく理解することからスタートしましょう。
タグ:ADHD
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。