Sponsored link

ADHDのさまざまな症状カテゴリの記事一覧

ADHDの主な症状とは

ADHDの症状には、個人差があり、症状の程度もかなり
子どもによって異なるようです。

その主たる症状には、注意力が欠如していて授業を落ち着いて
受けることが出来ない注意優勢型、じっとしていることが
不得意である、あるいは突発的な行動を起こす
多動性・衝動性優勢型と呼ばれる種類などがあります。

1つの症状だけでなく、多動と衝動性の症状が見られる
というように、症状が複数重なる混合型の子どももいます。

また、ADHDには随伴症状も存在します。
不注意や多動性という症状のために授業をきちんと受けられず、
勉強に集中することが出来ないことから学習の遅れも生じやすい
とされており、ADHD患者の約30%は学習障害が見られます。

また、コミュニケーションが得意でないことも特徴に挙げられます。
ADHD患者は感情の自制が難しい場合もあり、
友達との関わりの中で必要な社会的スキルが身に付いていない
ことから正しい集団行動をとることができない場合もあります。

クラスメイトとのトラブルがきっかけでかんしゃくを起こすことも。

加えて、提出物などの忘れ物が多くなるために叱られることも
多くあります。
繰り返し叱られ、さらに対人トラブルで悩んでいたりすると、
子どもが劣等感を感じることにも繋がります。

劣等感を感じたままでは、情緒不安定になったり、
自分はダメな人間だと思い込んでしまったりするために、
感情面で大きな問題を抱えることになるケースも多いようです。

このようにADHDは、精神的なケアが必要な症状も多くあります。
症状の現れ方には大きな個人差があるので、子どもの行動を
普段からよく観察し、病院での問診などで、ADHDであるのか、
特徴的な症状にはどのようなものがあるのかなどを総合的に
判断していくことが重要です。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。