Sponsored link

ADHDと診断されるまでカテゴリの記事一覧

ADHDと診断されるまで

ADHDであると診断されるまでには複数の段階があります。

子どもが成長していくにつれ、他の子どもとの差異を感じるように
なったり、生活態度に問題が現れて気になるようなら
医師の診察を受けるべきです。

診察では、子どもの日頃の様子やどのような問題行動があるのか、
育児の中で過去に困った経験があればそれは一体、どのようなもの
であったのかなどを、面談や問診表を用いて調べていきます。

ADHDの症状には、一人ひとり大きな違いがあるので、
気になることがある場合はどんなに些細なことでもメモを取る
などして医師にきちんと伝えるのが重要です。

また、ADHDは遺伝性があることが分かっているので、
その子どもの家族歴についても知らせる必要があります。

医師は、家族からの情報を元に診断をしていくのです。

そのときに用いられるのがWHO(世界保健機関)による
「ICD−10」と、アメリカ精神医学協会が定めた
「DSM−IV」という診断基準です。

この基準は、日本を始めとして世界中で使われるADHDの
診断基準であり、子どもの症状からADHDのタイプを
判別して治療に役立てられます。

この基準によってADHDの可能性が高いと診断された場合、
さらに身体検査や知能検査、幼稚園や小学校などの教師からの
情報も調べることになります。

ADHDの疑いがある保護者から教師の側にこのような依頼が
くる場合もあるので、教師として常日頃から、こどもの様子を
しっかりと気に留めておく必要があります。

また、子ども本人との面談も行い、総合的な検査が終わった後に
最終的な診断が下されます。

ADHDは専門家でも判断するのが難しい障害といわれており、
子どもの性格や行動によっては検査を受けるまでまったく
障害があることが判明しないケースもあるのです。

いくつかの診断法を使用することで確実に判断出来るように
なっているので、きちんと断定されるまである程度の時間が
かかることもあるようです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。