Sponsored link

ADHDと似た障害・疾患カテゴリの記事一覧

ADHDと似た病気・障害

ADHDと症状が類似している病気もあります。

正しく障害を診断し、適切な治療を受けるためにも、
子どもの持つ症状からきちんと鑑別することは
当然のことながら非常に重要になってきます。

ADHDに特徴的な症状である不注意や多動性、
あるいは衝動性は、他の病気でも見られることがあるのです。

ICD−10やDSM−IVなどの主な診断基準を受けるだけ
でなく、身体検査で体に異常がないかを調べたり、神経系の
検査や脳検査(頭部MRIや脳波検査など)、さらに、
IQなどの知能指数などについても検査が行われます。

次に挙げるのは、ADHDと症状が似ている疾患や障害です。
アスペルガー症候群、チック障害、自閉症、学習障害、不安障害、サヴァン症候群、行動障害などです。

さらには統合失調症やうつ病なども共通する症状が含まれるために、
ADHDと間違えられて誤診される場合もあるようです。

これらの障害や疾患には、落ち着きがなかったり、
独特の考え方をしてそれが他の子どもと比べて浮いてしまう、
あるいは、自らの感情の自制が出来ずに周りの人と上手に
付き合うことができない、社交性が乏しい、暴力を振るうなど、
これらいずれかの症状が見られるために、精密な検査をしなければ
医師でもどう判断を下せばいいのか分からないことがあるそうです。

障害や疾患名が明確にならないことには、
今後の治療計画を立てることが困難になります。

ADHDだろうと簡単に捉えるのではなく、
きちんとした医師の診察を受け、確かな診断を得ることが重要です。

ADHDの疑いがあるのではないかと感じたら、
他の病気である可能性も視野に入れながら、
早めに専門家と相談することが大切なのです。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。