Sponsored link

大人でも発現するADHDカテゴリの記事一覧

気がつきにくい大人のADHD

ADHDは子どもだけに見られる障害と思われがちですが、
実は相当数の大人のADHD患者が存在します。

年齢を重ねるにつれて多動などの問題行動は減少する傾向に
あるためか、ADHDは過去に、子どもにしか発症しない
病気であると考えられていました。

大きくなるにつれて症状が少なくなるのは、問題行動が
減ってきたり、患者本人が対処法を身に付けていったりする
ことから一見、完治したように感じるだけで、
多くは完治せずに大人になっているとされています。

ADHDの子どもの内、大人になっても何らかの症状が
続くする割合はおよそ40〜80%と言われています。
大人全体からすると、成人の4〜5%はADHDであるとする
調査もあるのです。

大人のADHDは子どもの場合ほど認知されていません。
仕事でミスをしがちな方の中には、実はADHDである可能性が
指摘されており、治療しなければ社会的に不利益をこうむる
場面に遭遇することが原因で悩んでしまうでしょう。

大人であると、仕事や家事などをこなす能力が要求されるため、
障害を持っていることでだらしのない人だと勘違いされ、
つらい思いをする場合もあるかもしれません。

そのような事態にならないためにも、違和感を感じたら、
早めに医師の診察を受診しておくことをおすすめします。

例えば、やらなければならないノルマがどうしてもこなせない、
会議の内容を忘れて思い出せない、同じことを何回聞いても
覚えられない、片づけが不得意で部屋の中はいつも
散乱しているなどの症状が見受けられるようです。

こうしたいと自分で思っているのにきちんと出来ない
生活上の悩みがあれば、勇気を持ってADHDではないかと
専門医に相談してみてはいかがでしょうか。
Sponsored link
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。